2006年06月26日

Jackson Browne 「Late for the Sky」(74)

jackson.jpg
☆☆☆☆☆☆
01:Late for the Sky
02:Fountain of Sorrow
03:Farther On
04:The Late Show
05:The Road And The Sky
06:For A Dancer
07:Walking Slow
08:Before The Deluge

さて、まだ2つ目のレビューだと言うのに、調子に乗って星を六つもつけました。これは僕が世界で一番好きなアルバムです。世の中には一曲も捨て曲のないCDというものが存在しますが、僕にとってこのアルバムはすべてが名曲のアルバムです。とくに2曲目の「Fountain of Sorrow 」は我が生涯で一番の名曲です。何千回と聴きましたが未だに飽きることはありません。もはや、人生の一部だと言っても過言ではないでしょう。このアルバムは、タイトルナンバー「Late for the Sky」の優しいピアノの音から始まります。一曲目からかなりの名曲です。この曲の最後でJacksonが、♪Late for the Sky〜って歌うところがジ〜ンときます。そして2曲目が「Fountain of Sorrow 」。初めのピアノの音を聴いただけでゾクゾクします。3曲目の「Farther On 」はこ本作の中でも最も懐かしさを感じさせるメロディ。4曲目の「The Late Show」はコーラスが美しい。5曲目、「The Road And The Sky」はR&R調。アメリカのハイウェイで車を走らせながら聴きたい曲です。6曲目「For A Dancer」も素晴らしい。7曲目の「Walking Slow」は再び「The Road And The Sky」の様な軽快な歌。最後をしめる「The Road And The Sky」は、綺麗なメロディで明るい曲。これはイントロがとても好きです。とまあ、名曲揃いなのですが、僕は英語が読めないので、70年代最高の詩人と言われた彼の詩の内容が全くわからないのが非常に残念。がんばって英語を覚えないとね。そしていつの日かカリフォルニアの青い空の下でこのCDを聴きましょう。
posted by メリシェン at 20:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 特別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。