2006年06月27日

Fastball 「All the Pain Money Can Buy」(98)

fastball.jpg
☆☆☆☆
01:The Way
02:Fire Escape
03:Better Than It Was
04:Which Way To The Top?
05:Sooner Or Later
06:Warm Fuzzy Feeling
07:Slow Drag
08:G.O.D. (Good Old Days)
09:Charlie, The Methadone Man
10:Out of My Head
11:Damaged Goods
12:Nowhere Road
13:Sweetwater, Texas

テキサス州はオースティン出身の三人組Fastballの2ndアルバム。ヒットシングル「The Way」を初め、他にも軽くて良い曲ばかりなので、一曲目から最後まで一曲もとばすことなく退屈せずに聴けます。アメリカンロックにブリティッシュの要素が加わった様な音楽です。曲によってBEATLESを思い出させるメロディがありました。このアルバムの中で特に僕が気に入ってる曲は、このアルバムを聴くきっかけとなった「The Way」に、少しハードな「Sooner Or Later」、サビへ向けてどんどん盛り上がっていく「Slow Drag 」。これは本作の中で最も、ギターの演奏がアメリカの田舎の泥臭さを感じさせる曲です。それと、懐かしくなる様なメロディの「Out of My Head」です。本作が売れたFastballですが、1stアルバムはなかなか売れず、1stアルバムを発表してから本作を完成させるまでに長年かかったようです。しかしその長年の成果か、2stアルバムは見事な名盤に仕上がっています。
posted by メリシェン at 22:14| Comment(1) | TrackBack(0) | Rock/Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月25日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。