2006年06月27日

BUMP OF CHICKEN 「jupiter」(02)

bump.jpg
☆☆☆☆
01:Stage Of The Ground
02:天体観測
03:Title Of Mine
04:キャッチボール
05:ハルジオン
06:ベンチとコーヒー
07:メロディーフラッグ
08:ベル
09:ダイヤモンド
10:ダンデライオン

僕は最近の邦楽はあまり聴きませんが、BUMP OF CHICKENはよく聴いています。日本のミュージシャン達は昔から飽きもせずにラブソングばっかり歌っていますが、BUMP OF CHICKENにはもう聞き飽きたようなラブソングがほとんどない、というのも彼等の歌が好きな理由の一つです。メジャー1stアルバムであるこの「jupiter」は、BUMP OF CHICKENの中でも特に好きな曲の多いアルバムです。「Stage Of The Ground」の長いイントロで幕を開け、二曲目が代表曲「天体観測」。疾走感のあるギターリフと、わかりやすい一つの物語になっている歌詞が良いです。静かに始まってサビで叫ぶ3曲目の「Title Of Mine」。4曲目の「キャッチボール」はこのアルバムで一番好きな歌です。歌詞の中の”排気ガスと草の臭い”とか、”夕焼けが終わっても”みたいな日本語の使い方が良いです。次の「ハルジオン」はメロディが本作の中で一番好き。6曲目は一度聴いたらサビが耳から離れない「ベンチとコーヒー」。7曲目「メロディフラッグ」は初めのギターの音色が綺麗です。8曲目の「ベル」もサビのメロディが耳につきます。9曲目のダイヤモンドはとにかく歌詞が好きです。最後のダンデライオンはカントリー調の明るい曲。カントリーミュージックやウェスト・コースト・ロックの好きな僕にはすぐに気に入れた曲です。隠しトラックも面白いです。全部で10曲というそれほど多い曲数ではないし、どの曲も一曲づつがそれぞれ良い曲なのでアルバム一枚全曲を飽きずに聴けます。まさに名盤ですね。
posted by メリシェン at 23:46| Comment(39) | TrackBack(7) | 邦楽/歌謡曲/演歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レミオロメン 「ether」(05)

remio.jpg
☆☆
01:春夏秋冬
02:モラトリアム
03:春景色
04:アカシア
05:永遠と一瞬
06:深呼吸
07:ドッグイヤー
08:五月雨
09:コスモス
10:3月9日
11:南風
12:海のバラッド

「3月9日」が気に入ったので聴いてみました。しかし、結構好きな歌もあったのですが、アルバムの後半の方が苦手な曲ばかりでした。ちょっと一枚のアルバムとして通して聴くのは疲れました。ただ、これはアルバム全体としての評価です。「3月9日」はとてもいい曲だと思うし、ほかにもいい曲は多数ありました。まあ、元々邦楽は苦手なので。
posted by メリシェン at 20:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 邦楽/歌謡曲/演歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。